FC2ブログ
ドッグサロンオープンに向けてのきっかけや出来上がるまでを報告します。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
キッチンパネルの補修ペイント
2017年11月13日 (月) | 編集 |
久々、ワンちゃんトリミング以外の報告です o(^▽^)o

家を建ててから約4年過ぎたころ、キッチンのパネルの1面だけに
塗装にヒビが入りだしました・・・
IKEAキッチンです・・・
IKEAが悪いわけではなく、使い方の問題かと。
流し台の前パネルなので、フキンを洗っていつもここに掛けてたんです。
なので常に湿気があってそうなったのかと・・・
CIMG6961-1.jpg
CIMG6962-1.jpg

1面だけなので、自分で補修することにしました。
最近ホームセンターで見かけて気になっていた塗料・・・
『ターナミルクペイント』です。
森永乳業のミルク原料を使用した天然由来のペイント、水性で乾燥後は耐水性
とありました。
ターコイズブルーが好きな私、でもキッチンにどうかな、奇抜過ぎないかな・・・
でも1面だし試しにやってみよう! って早速準備。
CIMG6960-1.jpg
インディアンターコイズ、トップコート(UVカット)はさらに耐久性を高めるために。
CIMG6958-1.jpg
ハケ、マスキングテープ、布マスカーテープ、サンドペーパー#120/#400

周辺をマスキングします。細かいところも手を抜いてはいけません!
CIMG6963-1.jpg

サンドペーパーの粗い方でヒビが入った塗装を削って滑らかに。
CIMG6964-1.jpg

一回目、塗りました
速乾性で塗るの難しい~~~ハケムラになってしまいました(><)
CIMG6965-1.jpg

乾いてから、サンドペーパーの細かい方でハケムラを整えようとしたのですが、
なかなか取れなくて・・・もういいや!で二回目塗りました。益々ムラに?!
CIMG6967-1.jpg

乾いてから、トップコートを塗りました。
CIMG6966-1.jpg

養生テープ・シートを取りまして・・・
こんな感じになりました。
CIMG6968-1.jpg
CIMG6969-1.jpg

ちょっと失敗作になってしまいましたが、お客様からは見えない側だし、
色的には満足してるんで、良い良い、と納得させて、作業終了しました~

その後は・・・
約3か月ほど経過しましたが、塗装部分は水もはじいてますし、
いい状態です☆

このミルクペイント、いろんなパターンがあります。
・アンティークメディウム・・・ブラウンでアンティーク風に。
・クラッキングメディウム・・・わざとクラックを入れて使い込んだ風合いに。
・プラスターメディウム・・・漆喰風に。
・ラストメディウム・・・錆を表現し古びたたアンティーク風に。
また何か作るときには、ぜひ使ってみたいです (o‘∀‘o)*:◦♪






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック